桂剥き投稿2020  Miさん(133-2) 6

包丁砥ぎはこんなに強く砥石に押し付けてはいけません。 もっと包丁を浮かせて前後させましょう。
桂剥きはだんだん厚みが揃ってきましたね。右手親指と人差指の間のマタをもっと閉じて合谷の筋肉を使って刃を上下させることを覚えましょう。
刻みのときに右脇が締まり過ぎで包丁が身体に近すぎます。右肘の先に刃先まで一直線になるように位置を決めましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です