桂剥き投稿2020 Miさん(133-2) 3

 

包丁砥ぎがよくなってきました。 とくに裏側(引く方)の砥石の当たり方が正しいです。 おとも静かでずっと聞いていられる音がしていますね そして黒い泥もよく出ます。
表側(押す方)も同じ音や泥が出るように調節しましょう。
桂剥きはものすごく両手とも力んでいますがつながるようになりました。 #2のさくは芯もまっすぐに残り、厚みも揃っているので良いですね。
右手で刃を左にぐいっと押し込むので刃先が大根の中心に向けて傾きます。 結果分厚くなっていくのです。現行犯(笑)の画像を載せておきますね。 あなたはこんなに分厚く剥こうとはしていないはず。
右手はステンと鋼の境目を大根に押し当てたまま(面圧)上下させるだけ。 刃が上がっているあいだじゅう左手で大根を刃に向けて送り込むのです。
これをしながら マッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻む を目指してください。  刻みの動画も送ってくださいね。 薄く剥けるようになっても刻みができないとヨコケンに進めないので。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です