玄米炊飯投稿 2808  Aoさん(132-1)

陰性に炊けているので焦げが付きませんでしたね。 皮感を感じたのも米のせいではなく腕のせいだと思います。 モッチリ感を出すのは圧力で皮感を消すのは火力と炊飯をイメージ化する時に使う言葉です。  いちど強い目に焦げを付けてたいてみましょう。今日の炊きあがりと焦げ以外の部分はどうちがうか?食べてみた皮感はどうちがうか? 食べたあとのお腹や身体のぽかぽか感はどう違うか真剣に観察しましょう。 すごくよい学びのチャンスなのです。  50点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. あお のコメント:
    中川さん 

    濃い色の焦げが続き火に対して臆病になってました。次はしっかり焦げがつくように炊飯し今回との違いをあじわってみます。
    ご指導ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です