鱧骨切り特訓講座の復習  Isさん(85-1)

すきとる骨がリッチなのは出刃が寝ているからですね。 もっと立ててすくと骨がスリムになってもったいないことにならなくなります。
すこし手首が動いてきましたね。 骨を剪断する瞬間の速度が遅いです。 それはグリップを握る力がずーっと同じだからですね。 骨を切る瞬間だけわずかに握るのです。 あとは持っているだけ。 そんな感じです。
刃先を目で見て追ってないかな?


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. クリちゃん のコメント:
    中川さん おはようございます。

    骨のすきとりは最初の出刃の入りにくさに動揺してしまい乱れてしまいました。食べられる部分を廃棄してしまうことのないよう気を付けます。

    握る力は常に一定で包丁を目で追ってもおり常に陽性な状態です。陰陽織り混ぜて骨切りできるよう練習します。

    朝早くからみてくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です