鱧骨切り特訓講座の復習  Kaさん(86-4)



上手におろせています。すばらしい。 はじめたところとは思えませんね。
慣れて精度を揚げていくとどんどん「丁寧に速く」の意味が心に届くでしょう。
「あ〜!このことかぁ!」って。
骨切りは刃で鱧を押しています。 だから切る前と切ったあとの鱧の並びがずれているはずです。 鱧はその場に張り付いていて一瞬刃が通り抜ける!というのを体感しましょう。  居合抜きの呼吸です。


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. さえ のコメント:
    中川さん
    お講座前にみてくださりありがとうございます。

    おろした鱧3本の出来栄えがまちまちなので安定出来るように精度を高めていきたいです。
    特訓講座で同期がおろすところをみることで気付きがたくさんありとても勉強になりました。
    それを忘れないうちにスタートできてよかったです。
    「丁寧に速く」の意味が掴めるようにこれから練習重ねます。

    骨切りはまさに図のようにどんどんずれて行き、置き直さないといけなくなりました。
    居合抜きの呼吸ですね…。包丁と仲良くなれるよう頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です