鱧特訓講座の復習   Isさん(85-1)

良い鱧が買えましたね。  どんどん練習しましょう。
手順はだいたい頭に入っているようですね。 あとは魚の構造、どこにどのように刃を入れていけば無駄な身を捨てること無くおろせるのかを考え抜きましょう。
骨切りは今はこのペースで良いですが、刃が皮まで降りていない部分があるのでおそらく食べたら骨が口にあたるでしょう。 もっと思い切って皮が切れても良いので骨の下の皮まで刃を降ろしましょう。


この青い部分が取り除けていません。これは硬い骨ですから確実に取り除きましょう。

まずはこの3ミリが2ミリになるように。 左の猫手が負けすぎですね 力加減あれだけ教えたのに・・・・・・


カテゴリー: 塾生さん鱧骨切り パーマリンク

コメント

  1. クリちゃん のコメント:
    中川さん 早速見てくださりありがとうございます。

    お得意のガガガではなく、頭を使って効率的に練習します。

    猫手への面圧については、あれだけの衝撃を受けておきながらすみません。
    右手の動きと刃の下ろし加減を掴むのに精一杯でした。 しっかり抗うようにします。

    魚屋さんで生きた鱧を見ましたが、牙を剥き魚とは思えないほど恐ろしく凶暴でした。
    この世で初めて鱧を食べてみよう、料理してみようと思った人はすごい勇気のある人だなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です