桂剥き投稿2019  Anさん(128-2)



包丁砥ぎは砥石に刃を押し付けてこすっています。 砥石から浮かせて前後させましょう。刃が安定しないのは赤ペン練習ができていないからです。
右手で左に剥き進んでいますのですぐに止めましょう。怪我をしますので。
刻みの動画がありませんが、まさか画像にあるプラスティックのまな板で刻んでいませんよね? 包丁が痛むので絶対にやめましょう。 木のまな板を使うように約束したはずです。
いつも何らかを忘れていますよね? 実生活でもそうなのでしょうか? 忘れ物チェックをする習慣をつけましょう。 社会人ですから。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ナオミ のコメント:
    中川さん

    ご指導ありがとうございます。
    ご連絡が遅くなり申し訳ありません。

    まな板やその他道具類、京都へ来る際に荷物から漏らしていたのが原因です。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です