桂剥き投稿2019  Isさん(120-2)

赤ペンは上手なのですからそのまま包丁を持って前後させればよいのですが、砥石の前に立つと包丁を押し付けなきゃ!と思ってしまうんでしょうねぇ。 峰と砥石の間の隙間を正しくしないと刃が二枚刃や丸刃になってどんどん桂剥きしにくくなるので注意です。
薄く剥こうとしていまの実力以上に薄く剥くと縦線横線バナナの葉のオンパレードになりますね。 どれか1つずつ解消していきましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 友紀 のコメント:
    みていただき、ありがとうございます。
    包丁砥ぎ、赤ペンと同じ動きができるように練習します。
    桂剥きは、自己最高の薄さを無理に目指すのではなく、均等にマッチ棒の半分の厚さになるように意識して、まずはバナナの葉を解消します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です