桂剥き投稿2019  Haさん(12-10)

大根を刃が切るのを左手が待てていません。 左手で大根を送るときに抵抗があるはずです。 それに抗いながら左手で大根を送ると波波に剥けてしまうのです。
刃を上に上げる時じわーーーーっと上げていきます。 上げ始めて刃が大根の細胞を切り始めたのを確認してからじっくり左手で大根を送ります。 そのとき送るための抵抗はほとんどありません。 これが正解です。
刻みは右手首が硬いですね。握りが硬いのです。 赤ちゃんのほっぺをつねっても赤ちゃんが泣かない強さで握りましょう。

断面正方形で細さが揃うように  このウール玉は残酷で、すこしの細さの差や断面正方形でない一本をくっきり見せつけてきます


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ぺろり のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    今まで大根に抵抗があり 抵抗されながら剥いていました。
    抵抗感なくじわーっと剥いてみます。

    手首の硬さ、優しく握ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です