桂剥き投稿2018  Kaさん(111-1)

http://www.youtube.com/watch?v=71aexUaIwmQ

 
 

下が分厚く剥け、芯が逆パイロンになるのは面圧が均等に当てられていないからです。 それはAir桂剥きの動画からも判ります。右脇が強く締まりすぎているのが原因です。あとは尺取り虫がでていることですね。この2つをまずは直しましょう。
大根に刃を平行にあてがわなければ同じ厚さには剥けないのです。
これは見て知っていますね。 深く握り込んで脇を締めると尺取り虫が直りません。
この画像の芯ですが、まだまだ剥けるのになぜここで止めたのでしょうか?
もっともっと細くなるまで剥きましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. yumi のコメント:
    右脇を緩める、包丁を深く握りこまないよう気を付けながら練習に励みます。
    次は芯ももっと細くなるまで剥いてみます。

    ご指導ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です