桂剥き投稿2018  Haさん(107-5)

包丁砥ぎの形はできています。砥石に対して包丁は60度ではなく45度にあてがってくださいね。 もっともっと持ち上げて、泥には触れているけど砥石には触れていないという位置でテンポよく前後させましょう。あっという間にクリーミーな泥が出てそれに乗る感覚(吸盤トレイ)の感覚が理解できるでしょう。
桂剥きは親指と人差し指の股がゆるいのでもっと締めてください。包丁の握り込みが深いことも原因です。 この画像は見て知っていますね? 確認しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です