中川式玄米の炊き方指導2614  Kaさん(116-1)

美味しそうに炊けています。 やはり浄水器の使い方が違っていましたね。 以前にも間違ったまま炊飯されていた塾生さんがおられました。
その時の炊きあがりに似ていたのでアドバイスしました。結果が変わって良かったです。
すこし画像を補正しました。 1回目とは違うカメラを使われたのですね。 機種、メーカーによって写りに癖が出ますのでなるべく同じカメラで同じ時間に同じ角度で撮りましょう。 それが定点観測になるのです。違うのは日付と炊きあがりだけ。という環境を構築してください。「変更点は常に1つ」の法則です。
撮影はおちゃわんによそって30秒以内にシャッターを切りましょう。 もし過ぎてしまったらよそい直して撮ります。
ほぼパスポート品質に炊けています。 ピピカシャンに近づけばパスを差し上げます。
じゃい安DIRECTの効果はなかなかすぐには現れないでしょうが、必ず毎日食べてくださいね。
52点

質問1つめ そうです。 質問2つめ ピンがマックスまで上がって排気口から僅かに湯気が漏れ始めます。それをオーバーフローと呼びます。
質問3つめ 蒸らしに入る時にジャーをONすれば良いでしょう。 炊きあがりに温まっていれば良いのです。


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. 金谷 彩生 のコメント:
    中川さん

    ご指導ありがとうございます。

    水の違いでこんなにも違いが出ることにビックリしました。
    甘みのある玄米は夫にも好評です。

    質問の回答もありがとうございます。

    じゃい安DIRECTは毎日美味しくいただいています。酸味が癖になりますね。
    少しづつ腸内環境が整うように、玄米炊飯と共に続けていきます。

    撮影時間、過ぎてしまったらよそいなおせばいいだけだったのですね。
    そして、写真に苦戦しております。。
    カメラやピピカシャンのことで相談がありますので、iMessageに連絡させて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です