桂剥き投稿2017  Fuさん(106-1)

吸盤トレイでは持ち上げているのに砥石の上になると包丁を押し付けて前後させていますね。 まだまだ意識を変えることができていません。 思い切ってステーキを食べてみる。思い切ってトンテキを食べてみる。たっぷりの毒消しとともに。 同じことです。 今までの自分の固定概念を捨てる。やり直すんだという腹くくりを持てるかどうかにかかっていますね。
剥きは右手の使い方がかなり正しくなりました。 左手で送ろうという意志は見られます。
刃の食い込みをなくして刃先ではなく、ステンと鋼の境目を大根に押し当て(面圧)ながら上下扠せましょうもっとすいすい薄く剥けるでしょう。薄く薄く均一に剥きましょう。



カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です