桂剥き投稿2017   Naさん(106-3)

良くなりましたね 正解です。 まだ真上で無く左上に剥けて右手で剥いていますが、面圧らしきものが生まれています。 この調子で もっとオマタを閉じて剥きましょう。
左手ですが、親指の中心のセンサーが宙に浮いていませんか? 触れるか触れないかのソフトタッチで大根の表面(刃の真上前後)になければいけません。 その親指でぐっと掴んで送ると横線が発生するのであくまでソフトタッチです。
センサーを使ったセンシティブな行為 これが桂剥きです。
飴細工と土木建築くらの差だと思ってください。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です