桂剥き投稿2017   Taさん(104-3)

包丁砥ぎは悪くないです。 もう少し押し付けをなくすと急に泥が出てきます。正しい角度であてがえているのでもう少しの我慢ですね。 リズミカルに前後させましょう。
剥きは引っかかると右手でコジて力ずくで左にむこうとしています。
右手はその場でゴシゴシ上下動。そこに左手で大根を送り込むのです。
マッチ棒の半分の厚さに剥いてマッチ棒の半分の幅に刻むを課題にして「左手で剥く」を実践しましょう。
刻みは上手です まな板が奥すぎるのでもっと手前に置きましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かとり のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。
    包丁砥ぎで、もっと浮力を感じられるように、押さえすぎず指先に集中します。桂剥きでは、右手が糸鋸のように、上下運動だけするように注意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です