桂剥き投稿2017   Naさん(106-3)

刃を戻すときに宙に浮かすのは良いですが押す動作に入るときに「カチン」と砥石に当てるのは逆効果です 刃こぼれにつながるのでやめましょう。
砥石に触れるか触れないかの位置で前後させようとしているのですが、泥がでませんね。ということは正しくあてがわれていないということです。 吸盤バットの練習をすぐにしましょう。 理解できるとすぐに泥が出るでしょう。
しっかり左手で大根を押し込もうとしていますが、それにふさわしい長さの刃の上げができていません、。だから抵抗になるのです。 送り込む動作を「刃が切って行くのを待ちながらじっくり」できたら結果が変わります。 あなたには一番苦手なじっくりと待つという行動の練習をしましょう。
刻みは5打ちのリズムをつかめています。 打ち終わったときに刃を直角に折り曲げる動作の癖があります。 これは刃こぼれの原因になりますので止めましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です