桂剥き投稿2017   Kaさん(93-4)

包丁を上げるときに合谷の筋肉を使って親指を下げられていませんね。右手全体で包丁をこわごわ上げているのでAir桂剥きで親指と包丁の関係を理解できるまで練習しましょう。
刻みは上手にできています。 肘から刃先までがまっすぐなのが良いですね。 すばらしい。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 京子 のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    本日はAir桂剥きで自分の動きを確認致します。

    まだまだ引っかかったり詰まったりしてしまうので、Air桂剥きでスムーズに剥くことを目指します。

    刻みの角度が大丈夫で良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です