桂剥き投稿2017   Itさん(104−4)

合谷が使えていますねぇ。 上手です。 右脇が写っていませんが、かなり力んでピターッとしまっているはずです。 もっと楽に。かるく隙間があるくらいにリラックスして剥きましょう。 そのほうが感度が上がって厚い薄いがよくつかめるのです。
刻みは刃を前に落とす感覚を掴んでください。 あなたの切り方は硬いものを切るときに使います。柔らかい大根のときはもっとストスト刃を落とすのです。 鴨氏のお手本動画を真似てください。
砥ぎは、まだまだ包丁を砥石に押さえつけています。 泥が出ないでしょう?
落とした水には触れても良いですが砥石には触れないようにリズミカルに前後させましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. kanami のコメント:
    ご指導ありがとうございます。
    やっと合谷の使い方がわかってきたような気がします!
    次は、右脇を特に意識します。
    刻み・研ぎもまだまだ問題がが山積していますが、ひとつずつクリアできるように練習に励みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です