桂剥き投稿2017   Naさん(67-5)

砥ぎは、前後にゆっくり動かしているだけで、押さえつけているのは同じです。 前後には速く動かしても良いので包丁を砥石に押し付けないように練習しましょう。 赤いペンなら押し付けないのにどうして包丁になると押し付けるのですか? よーーーーく考えましょう。
剥きは、サクが長すぎますね。クレジットカードの長辺と決まり事があるのですから正しく切り出しましょう。  あなたが剥きにくいのです。
大根シートが厚いですね。刃先を大根に押し当てているのでは無いですか? 面圧は包丁のどの部分を大根に押し当てるのでしたか? お教えしましたね。
刻みがすごく上手になっています。そしてなによりおへその位置が正しくなりました。
いいですねぇ。
刃が仕事をしている音がしています。 大根を切る音が心地よいです。 限界までまな板への打撃音を減らして行きましょう。

 
 


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. まい のコメント:
    ありがとうございます。
    大根の長さ、切り出しの時点でしっかり確認します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です