桂剥き投稿2017   Icさん(100-4)

上手いねぇ。たいしたもんだ。油断すると左親指が水平から60度くらいまで立っていくので注意です、水平をキープしましょう。 よーく左手で剥いています。
面圧を当てられていますが、リカバリのとき(刃をおろすとき)に面圧が緩んでいます。 それが厚い薄い縦線の有無に影響しますので終始一定の面圧を当て続けてください。
芯が細くなってくると大根がくの字に曲がってきます。それは両手の力みが原因です。
細くなればなるほど脱力が必要です。
刻みはもうすこし前に打つ感覚を持ちましょう。

正方形が増えています  正方形の大きさが揃うようにしていきましょう


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. メロン のコメント:
    ご指導ありがとうございます。

    左親指は盲点でした。水平キープします。

    面圧については、たしかに右手で下げた時にふっと緊張感が緩んでしまい、維持できてなかったです。
    脱力とともに意識します。

    刻みは土曜日に注意されたことでしたのですぐ直します。失礼しました。

    次回もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です