桂剥き投稿2017   Kuさん(100-2)

赤ペンの垂直は達成できています。上下にふわふわするのは肩に力が入っているからです。
肩の位置を5センチ下げてみてください。 教室でもやりましたね。
大根で困っていますね。
でも、その前に皮は剥けたのでしょうか? 皮を剥いただけでその強烈な逆パイロンになったのでしょうか? もしそうなら原因は一つ、「力み」だけです。
力んで右手で刃を左に進めようとするとどんどん刃が大根に食い込んで、上下動ができなくなります。
ツルツルの包丁を水分たっぷりの大根にあてがって上下させるのですから、物理的に止まるわけは無いのです。 それが止まってしまうと言うことは右手で左に進もうとしているからなのです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. さとこ のコメント:
    肩の位置に気をつけます。
    大根は全ての動画を送らず失礼しました。皮を剥いた後、何度か切れ切れになりながら回した後の状況です。大根が止まってどうしようもなくなり、その画を観て頂こうと思ったものの、原因はその前にあったんですね。まだまだ、自我が強いですね。全てをさらけ出します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です