桂剥き投稿2017   Moさん(107-2)

赤ペンが自分のほうにたおれていますね これは2枚刃の原因になります。
これは引く方の砥ぎですね なのに引くときに刃先と砥石の間に隙間が見えます。
これは砥いでいることにはならないのです。


押す方は右手が陰性に開いています。 右手甲が右を向かないように、肘から刃先までが一直線になるように持ちましょう。
桂剥きのときも右手甲が右を剥いています。これは開いている状態なので面圧がかけにくいのです。ひっかかりだすと右手で左に剥き進もうとして刃が飛んで左の親指を切ります。
もうすこし右手親指と人差指の股を閉じましょう。 パカーと開けない。

桂剥きから刻みまで練習したのに画像の添付が無いのは不完全ですね。
正しく投稿しましょう。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. 107-2 Mo のコメント:
    動画だけ再送してしまい、再々申し訳ありません。
    ご指導ありがとうございます。
    今晩また投稿しますので
    よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です