桂剥き投稿2017   Moさん(107-2)

Air桂剥きは随分リズミカルにできていますが、本当にリアル大根でもそのリズム、テンポで剥けるでしょうか?
砥ぎは裏面も砥ぎましょう。表面は角度はOKですが砥石に押し付け過ぎています。ですから泥が出ないのです。
剥きはかなりできています。 右手で左に剥き進まないように注意しましょう。右手は包丁を上下するだけ、左手の指と手首で刃に向けて大根を送り込むのです。
刻みは奇跡の上手さですね。 直すところはほとんどありません。力み過ぎをもっとリラックスして包丁の重みを感じながら刻めるようになれば合格です。

初期段階でここまで剥いて刻めればたいしたもんです。 驚きました。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です