迎春 おせち投稿 2016 Kaさん(36-6)

父 ニの重お父さまへの小型おせちです 素晴らしい出来です。 父ちゃん泣くねこれは。

父 一の重
夫婦 一の重
 

夫婦 二の重 春慶の重箱に良く映えて美しくできました。 OBENTERS™百点常連の盛り付け技術が花咲いています。 よく頑張りましたね。
あなたが「おせち習いた〜い!」という言い出しっぺですからw
言い出しっぺにふさわしい作品です。 お見事でした。
くる年も幸せ間違い無しです。
私は「伝えられた幸せ」を噛みしめております。
もういつ死んでもええ感じね。
お疲れさまでした。


カテゴリー: おせち投稿 パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    中川さん
    お忙しいところ記事にしていただきありがとうございます。
    ちょうど1年前に初めておせちを作ってから、中川さんだったらどういうおせちを作るんだろう、どうやって盛り込むんだろう、というのがずっと知りたかったことでした。
    最初は盛込みだけでも・・・と思っていたのですが、お料理も教えていただけるようになるなんて・・・!中川さんの「やるからには徹底的にやる」には本当にしびれました。

    誰に作るのか、何を作るのか、食材は、いつどうやって調達するのかを考え、少しずつ年末に向かって高まっていく時間もとても楽しかったです。
    一品一品に物語があり、いろんな人や物事への感謝があり、走馬灯のような不思議な時間でした。
    品数は去年より格段に多かったのですが、普段より丁寧に落ちついてお料理ができて
    一年の終わりにそのような充実した時間が持てたことがとてもありがたかったです。

    おかげさまで晴れやかな気持ちで新年を迎えられそうです。
    願いを叶えてくださってありがとうございました。
    受け取れるように頑張りますので、来年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です