菊花蕪とアチャラ漬けの復習  Maさん(21-8)

IMGP7908丁寧に綺麗に作れています。 尨の毛並みのようですね。 個人の好みにもよりますが、私ならもう少し花びらを太くします。 歯ざわりを重視するからです。 いろんな太さを試してみてください。

 
 

IMGP7918よく押せています。押すと言うのは浸透圧で根菜の水が絞り出されて居ることです。
これがあって初めてさわやかな甘酢が染みるのです。

短冊の切り方は正解です。 人参は大根の85%の大きさ厚さを目指してください。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. ふみよ丸 のコメント:
    中川さん、こんばんは。
    さっそく診ていただいて、ありがとうございます。
    菊花蕪は、細かく切れば良いというものではないんですね。
    「食べる人のことを考えて」を忘れないようにします。

    この2品は、酢の物なのにツーンとした酸っぱさがなく、
    優しいお味で癒されます。
    お正月に、みなさんに食べていただくのが、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です