ごまめ(田作り)の復習  Noさん(21-2)

FullSizeRender美しくできましたね。 器との取り合わせも良いですね。
小魚などの姿なりの食材を褐色に料理したものにはこのようなはんなりした色絵の器が合いますね。 これが相性です。 たとえばここに手毬麩を3つ盛ったらどうでしょう?
相生してくれずに相剋してしまいます。 1+1が2にならないのです。
私がお教えした作り方なら3が日パリカリに食べられるはずです。 熱いうちに重ねていないでしょうか? 要チェックです。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. No(21-2) のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。

    土曜日の朝に真っ先に試食させていただいた時、パリカリに感動しました。
    母も祖母も作るのが難しいと毎年言っていたので教えていただけて嬉しいです。
    重ならないように、きちんと冷ますように、気をつけます。

    教室ではあまり絵柄の多い器は使われないので、派手かな?と思いましたが、相生していたら大丈夫ということがわかってよかったです。
    お料理とお皿でひとつの絵を描けるように心掛けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です