牡蠣時雨煮と子持ち鮎の煮浸しの復習  Haさん(12-10)

FullSizeRender美味しそうにできましたね。 硬くならない見極めポイントをお教えしてありますのでそのポイントまでは短時間に強火で煮詰めましょう。 焦がさないように。

 
 

FullSizeRender 2もう少しウエットな方が良いですね。 煮「浸し」ですから冷めていく時に煮汁を吸い上げて染みこむくらいでないとぱさつきます。
魚体と鍋底の面積を良く見てどこまでの水位で炊き始めるのかを見極めてください。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です