煮物コース秋冬編 基礎力強化桂剥き投稿 73 Okさん(66-2) 

image1
image2
YouTube Preview Image

赤ペンと砥石の隙間がありすぎです。ペンの尻が砥石に触れるか触れないかの位置で前後するのが赤ペン練習です。こんなに両肘を外に張って動かしては力みは抜けません。

やっぱり赤ペンと包丁は同じ動きになっていません。肘の位置ひとつ比べても違うことをしていますね。

身体の正面で剥きましょう。左脇の前で剥いていますね。
面圧のオンオフが激しすぎです。下ろす時包丁がパカっと開きますね。この時縦線が出来ます。縦線と縦線の間を測って見てください。5ミリくらいでしょうか? 左手でたった5ミリしか送れていないのです。この事実を理解して左手の使い方を考えましょう。

刻みは上手に刃をおろせています。 砥ぎが上手になってもっと切れ味良くなって泥で光るようになればもっと細く速く刻めるようになるでしょう。
やっぱり最初の砥ぎが大事ですね。

 


カテゴリー: 煮物コース基礎力強化桂剥き パーマリンク

コメント

  1. mikayan のコメント:
    見ていただきありがとうございます。

    赤ペンの動きと研ぎの動きが同じ様に練習します。
    肘をはりすぎていました。

    面圧がぱかっとならない様に気をつけます。
    左手の送りについては、最長1㎝ぐらいという、情けない結果です。
    エア桂剥きでの送りを意識しながら、練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です