煮物コース秋冬編 基礎力強化桂剥き投稿 4 Koさん(塾生番号忘れ) 一回目

IMG_0749
YouTube Preview Image
おもいっきりチカラが入っています。 これでは泥は出ません。
砥石がとゆのように真ん中が凹んでいますので必ず平面にしてから砥いでください。
水気も泥もなにも無い砥石面で擦るので擦過音がしますね。 残酷な音です。
もっともっとチカラを抜いて砥石に触れるか触れないかの位置で前後させましょう。
イメージとして真横で乳児がすやすや寝ていて起こさない音で砥ぐのです。

剥きは、左手で送ろうとしているのは判ります。 がその送りが「グイッ!」と送っています。 そうでは無くて「ずーーーーーーぃ」と送ってください。長く送るのです。
左手の持ち方、角度は良いのですからチカラを抜くことですね。 ここにも力みが。

刻みは基本的に正しく出来ています。 微調整をしていくポイントがあるので書いておきます。 次回までに必ず直しておいてください。
まず包丁を強く握りすぎです(ここにも力みが)
包丁の手前で刻むのは構いませんが強く握るので手首が硬いために先のほうが繋がるすだれになるはずです。 ほんのすこし先のほうが早く着地するように刃を落としてください。 そのときに手首が力んで硬いと今度は手前つながりのすだれになりますので注意。


カテゴリー: 煮物コース基礎力強化桂剥き パーマリンク

コメント

  1. ののか のコメント:
    見ていただきありがとうございます。
    塾生番号忘れ、失礼いたしました。

    どこも、やはり力が入りすぎですね。
    少しでも、力が抜けるように、練習していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です