煮物コース秋冬編 基礎力強化桂剥き投稿 3 Hoさん(3-3)

FullSizeRender
IMG_3214
YouTube Preview Image

赤ペン練習と本砥ぎの速度テンポが全然違います。
赤ペンと同じスピードで砥ぐか、砥ぎと同じスピードで赤ペンをしましょう。
でないとまたぞろ2種類の練習をして時間を無駄にしてしまいます。両者は同じことを会得するための練習なのです。 桂剥きとAir桂剥きの関係と同じです。

砥ぎはおもいっきりチカラ入れすぎです。 そりゃぁ包丁も傷だらけになりますね。
あなたが思っているよりもはるかに押さえる力は要らないのです。
砥石に触れるか触れないかの位置で赤ペンと同じ動きをするのです。

剥きは右手で剥いています。 右手は面圧を当てながらその場で上下するだけです。
これは何年も前から何度も言われてきたことでしょう。 あなたの指の皮膚が復活した今だからこそ真剣に聞いて今直しましょう。

刻みは左手が使えていません。 左に刃が進んでいくのが拙速すぎます。
左に行きたいのを左の中指や人差し指で抗うのです。ガガガ進みをやめてなかなか左に進まないなぁという感触を掴んでください。

細さよりも均一さを今は重視して、5回目くらいまでにこの癖を完全になくしてください。


カテゴリー: 煮物コース基礎力強化桂剥き パーマリンク

コメント

  1. おはる のコメント:
    中川さん、お忙しい中見ていただいて、
    ご指導をありがとうございます。

    何度も同じ事を繰り返しており、自覚もなかったこと、申し訳ないです。
    頑固な癖を直します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です