金時豆の甘煮と豚と水菜のはりはり煮の復習  Koさん(51-1)です

IMG_0712うーん もうほんの少しだけ柔らかく膨れたほうが美味いですね。
水温室温加熱時間をドンピシャに合わせるには一度爆発させるのも手です。
黒焦げ指令の考え方です。 やってみましょう。

IMG_0679おいしくできましたね。ご家族にも喜んで頂けて嬉しいです。
あなたの思っておられるよりはるかに水菜を多く入れても大丈夫です。
よく水切りしておけば味は薄くなりすぎません。 そういう割合にしてあります。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. ののか のコメント:
    見ていただきありがとうございます。
    煮豆は、教えていただいたように作ったつもりなので、
    ちょっとショックでした。
    爆発覚悟でやってみます。

    はりはり煮、お肉はもちろんですが、
    水菜も皆んなよく食べていました。
    水菜の量、次回は増量で作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です