鱧の源平焼の復習   Naさん(2-1)です

image3美味しそうにできましたね。 素晴らしい。
充分にお金をいただけるレベルまで昇ってきましたねぇ。大したもんです。
もっと細かいアドバイスをすると、白焼きとつけ焼きの仕上がりの水分量が違うことですね。
つけ焼きはタレという水分をかけながら焼くので保水と補水がされるのに対し、白焼きは自らの水分を熱で蒸発させながら火がとおります。 ここまで言えばわかりますね?
次回の参考にしてください。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. 麗可 のコメント:
    中川さん
    ご指導ありがとうございます。

    白焼きは焼きすぎてしまいました。
    同じ仕上がりになるよう練習します。
    源平焼を盛りたくてお願いした赤絵の平皿、お料理の格があがったと夫がとても気に入ってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です