和え物酢の物の復習  Itさん(86-2)です

甘酢漬け茗荷の盛りが反対ですね。 お手本や他の方の投稿も見ましょう。 この場合蓮根と茗荷の2点盛りと考えてください。
うざくうざくですから鰻を1切れは立派に見せてください。こちょこちょ箸で少しずつ盛るよりはずっとあなたの盛り方の方が良いです。ガバっと掴んでポン!と盛るこの疾走感は嫌いじゃ無いです。 「大胆に繊細に」の繊細にの部分をもう少し出しましょう。

小松菜の胡麻和えうざくのアドバイスをここにコピペしたいくらいです。一瞬で盛りつけたこの手速さは良いですが箸で掴んで右手でポンと置くと軸が平行青線になりますね。
赤線になるように少しは箸を足しましょう。
小松菜の胡麻和え


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. りえ のコメント:
    中川さん、ご指導ありがとうございます。
    茗荷の向き、直します!
    盛り付けは難しいですが、繊細さを表現できる感性を身に付けることができる様に、日々の気づきを大切にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です