マクロビオティック料理教室 むそう塾 秘伝コース 日曜クラス

鮎の塩焼き
027A7810
秘伝コース日曜クラスもいろんな魚の串の打ち方をレッスンしました。
今日の打ち方をマスターしておけばほぼすべての魚をまえに困ることは無いでしょう。
すこし中を覗いてみましょう。
鮎蓼です 蓼酢を作りましょう
027A7800

ゴリゴリすります
412A7661
鮎の踊り串をならいました
412A7666
えー? これでいいの? そうなんちゃう? うーん?
412A7665
串が鮎を縫うように
412A7663
焼けました 緑鮮やかな蓼酢を添えて
027A7801
焼きたて鮎 おいしいねー うんうん
412A7670
これはうまい 美味しいねぇ
412A7672
はじかみ生姜を調えます 弱パイロンに桂剥きします
027A7826
逆パイロンにならないように
412A7698
一枚皮だけ斜めに飾り切りします
412A7699
イサキ カマスをおろしましょう 実割れしないように 丁寧に骨を抜いて 薄塩をあてます
412A7676
上手に右手でおろしています(彼女はサウスポーです)
412A7681
もうね、秘伝さんですから こんな基本的な魚なんて簡単におろします
412A7678
たぶん・・・・
412A7677
大きな魚(サーモン)の切り出しを習いました
412A7683

見るとやるとでは大違いで
412A7691

塾長サポート付きで実際の動きを実感
412A7692
あ〜 ぜんぜん違うというのは判りました!w
412A7693
串の打ち方 波串を習いました
412A7697

412A7696焼きます!
027A7822

焼けました サーモン塩焼き 香りおろし すだち添え
027A7831

すずき蓼焼き
027A7834
かます 両つま焼き
027A7838

菓子鉢 盛り
027A7850
今日のお酒は 伏見の招徳です
027A7814
いただきま〜す! ♬ そしてかんぱ〜い!♫
412A7706

たくさん焼いてたくさん食べました 魚食べ過ぎなのでしっかり毒消しをおうちに帰ってからもしておいてくださいね。
いよいよ来月は遠足ですw お楽しみに。

 
 

そしてみんなが帰ったら教室中の包丁を砥ぎました つぎに気持よくスパッとキレのよい授業をするために
お疲れさまでした。
412A7713


カテゴリー: 料理教室むそう塾 パーマリンク

コメント

  1. 麻莉 のコメント:
    中川さん、美風さん、こんばんは。
    今日も1日ありがとうございました。

    1日でこんなにたくさんの魚を触らせていただき、串打ちや切り身の作り方等たくさんの事を教えていただきありがとうございました。
    魚を捌く事が楽しくなりそうです。
    教えていただいた事を少しでも自分のものにできるよう練習します。
    魚の毒消はしっかりします…。

    ご指導ありがとうございました。
    来月もよろしくお願い致します。

    麗可ちゃん、今月もありがとうございました。来月もよろしくお願いしますね。
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 魚料理は楽しいでしょう? お造りも焼き物もこれでOKですね。 毒消しを考えながらたくさん召し上がってください。 
  2. ゆき のコメント:
    中川さん、美風さん

    本日はいろいろなお魚をたくさんお料理させていただきありがとうございました。
    魚をお料理することが苦手なので、いろいろなお魚に触れることができ、とても勉強になりました。
    串打ちも様々な打ち方があり、また打ち方一つによって見た目だけでなく火通りにも影響することが分かり、奥深く難しいと思いました。
    でも、だからこそ身につけたいと思いました。
    少しお魚が身近に感じられたので、自宅でも今まで以上に積極的にお魚料理を楽しみたいと思います。

    また来月もよろしくお願い致します。

    麗可ちゃん
    今日もいろいろありがとうございました!
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 魚料理が苦手なのは回数をこなしていないからです。 気軽に数をこなせば「めんどう」感がなくなります。 柑橘をたっぷりとりながら魚を食べましょう。
  3. 麗可 のコメント:
    中川さん、美風さん
    本日はありがとうございました。
    買った事がないお魚が多く、おろし方や串打ち等とても勉強になりました。
    カマスは初めて食べましたが、ふっくら柔らかくて美味しかったです。

    鱧の解説付きデモもありがとうございました。
    なるほど!が一杯でした。
    鮎はブログを見た夫がとても楽しみにしているので、踊り串頑張ります。

    来月もどうぞよろしくお願いします。
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 グリラーを使いこなすのに鱧や鮎がどんどん登場しましたね。 焼き物の腕もあがりました。 上達した夏でしたね。
  4. 夏目 のコメント:
    中川さん、美風さん、おはようございます。
    昨日は、ありがとうございました。

    様々なお魚の串打ちから、プロの技まで沢山教えていただき
    ありがとうございました。

    鮎が手作り蓼酢付きで、踊り串を打ち焼いて食卓に上るなんて!
    どの魚料理も優しい美味しさでした。
    塩加減と焼き具合が大切なことがよくわかりました。
    日本酒も焼き魚に合っていておいしかったです。

    美味しい魚料理の世界が広がりました。
    本当にありがとうございました。
    家族の反応が楽しみです。

    麗可ちゃん、昨日も受講生兼スタッフをしてくださり
    ありがとうございました。
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 プロの焼き技をお伝えしました。ご家庭で本格的な魚料理をお楽しみください。 きっと喜んでもらえるでしょう。  魚類蛋白は身体に優しいのです。
  5. ひろ美 のコメント:
    中川さん、美風さん、昨日はありがとうございました。

    いろいろな魚の串打ち、見るのとやるのとは大違いでした。
    踊りきれていない鮎に垂れ下がるサーモン…
    火の当たり、均一な火通りを考えた串打ちの大切なポイント、忘れないようにします。
    お肉中心になりがちな我が家の献立ですが、もっと魚の献立を増やしていこうと思います。

    来月も中川さんのお話を聞けるのが楽しみです。
    よろしくお願いいたします。

    麗可ちゃん、今月も段取りに片付けにとありがとうございました。
    最後に大笑いさせていただき、そちらもありがとうございました(笑)
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 串の打ち方は重心を見抜く眼力が入ります。これは盛り付けで重心を見抜く眼力とおなじ能力です。 鍛えてくださいね。
  6. ちえこ のコメント:
    中川さん、美風さん
    今月もありがとうございました。
    串を打つ時は、見た目だけでなく
    火通りを均一にするように考えながら打たなければいけない事がよくわかりました。
    踊り串をして焼いた鮎の塩焼きは、
    見た目もすごくかっこ良く、
    身はふんわりとしてとっても
    美味しかったですっ。
    様々な種類のお魚を準備して頂きありがとうございました。
    とても勉強になりました。

    来月もよろしくお願い致します。
    麗可ちゃん
    いつもありがとうございます!
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 右手で器用にさばいていましたね。 和包丁は左右を選ぶのでこまったもんです、 左用に交換しましたからどんどん腕を上げてくださいね。
  7. カモメ のコメント:
    中川さん、美風さん
    昨日も遅くまでありがとうございました。

    今一つ自信のなかった串打ちを改めて勉強できるということで
    楽しみに伺いましたが、その期待以上に充実した時間でした。

    鮎を実際にお料理するのは初めてでしたが、その最初にむそう塾で最高の格のお味を覚えて帰れるのはしあわせなことです。あとは実践あるのみで、家でも積極的に料理してみます。

    食材や道具の大切さも毎回学べて、欲しいものいっぱいで困ります(笑)
    来月もどうぞよろしくお願いいたします。
    • nakagawa のコメント:
      お疲れさまでした。 ある程度はあるもので転用できますが本格的な味にしあげようとするとどうしても道具が必要になります、自分の活用度と予算を付きあわせて購入を決めてくださいね。 楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です