小松菜の胡麻和えの復習  Saさん(84-2)です 

IMG_2958-1上手に出来ています。 和えるところまでは、箸でこねずにざっくり手速く和えられています。
それはお子さんの食べっぷりに現れます。 和えても味や水分を移させない和え方なのです。ですから胡麻をご飯に載せて食べたくなるのです。
こねくり回せば小松菜は胡麻の塩分でしおれて離水し、胡麻は小松菜の水分や青臭さでべっちゃりするのです。 そんな胡麻は子供さんは喜びません。
大事なポイントを子供さんが教えてくれます。 この世で一番辛辣な料理評論家なのです。
盛り付け時にすこし手を足して積み上げようとしたためにハの字が出来てしまいましたね。 次回はもっと自然に。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. asa のコメント:
    中川さん、こんにちは。
    早速見ていただきありがとうございます。
    はい、盛り付けハの字になってしまいました。今後気をつけます。
    子供の反応はおもしろいです。必ずおかわりを要求されます。確かに我が家の辛辣料理評論家です。
    御指導ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です