中川式玄米の炊き方指導2011 Kaさん(89-3)です

玄米御飯九回目火が強すぎましたね。
加圧が限界を超えるまでに圧力鍋はいろんな安全策をとります。
シューシュー蒸気を出す排気口の他にステンの蓋のへりにも安全排気口があります。
Oリングを取り付ける時に蓋やリングの乾燥が完全でないとリングがドリフトして蒸気が漏れでます。 きゅっと最初に押しこむのはそれを回避する策なのですが、今回は効果がなく蒸気と圧が漏れてしまったようです。
ですからふうわりさんを外して予定よりはやくカシャンが起きてしまうのです。
次回は漏れに注意して、よく乾燥させてから炊飯しましょう。
召し上がる場合はかなりよく噛んで食べてください。
48点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Ka(89-3) のコメント:
    中川さん、早速のご指導ありがとうございました。
    大事な水と圧を逃してしまいました。
    漏れに注意いたします。
    御飯、かなりよく噛んでいただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です