中川式玄米の炊き方指導1992 Tsさん(89-5)です

89-5_Tsubouchi_0702画像が湯気で曇ってしまいましたね。風上から必ず写すようにしましょう。
焦げの色から判断するとすこしだけ火加減が強すぎましたね。 シューシュー言っていたはずです。 蒸気か湯気かというと湯気でないといけないのです。
火加減の定義をお話します。 弱くするのでは無く強くすると意識を変えてください。
「これ以上火を強くしたらシューシュー言ってしまうギリギリ手前の強火」これが定義です。
弱くするのでは無くギリギリまで強くする。と意識をかえるだけで炊きあがりは変わります。
まずは寝不足や集中力が弱い時に炊飯しないことです。
炊くなら集中して。 どちらかですね。
48点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Ts (89-5) のコメント:
    中川さん、早速のご指導ありがとうございます。
    これはシューシューなのか?という判断も鈍っていましたね。集中できていないご飯をお送りしてすみませんでした。寝不足をなめてました…(汗)
    明日はしっかり集中して、「これ以上火を強くしたらシューシュー言ってしまうギリギリ手前の強火」を見極めます。明日もどうかよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です