桂剥き投稿2015 Saさん(84-2)です

YouTube Preview Image
薄く剥けませんね。面圧がまだ理解できて居ないのです。大量に練習をしているので面圧がかけられないままでもそこそこに剥けるようになりました。 でもいま行き詰まっているはずです。 それは正しく面圧をかけられていないからです。右手の親指人差し指のおまたがユルいのです。 参考にしてください。
もちろん左が正解です。青い丸が合谷で、ここの筋肉で親指を下げたり上げたりします。
あなたの場合は右の画像のゆるさがあります。そして尺取り虫なのですが通常の尺取り虫はAの関節がくの字に曲がるのですがあなたの場合はBがくの字に曲がる尺取り虫になります。 それがおまたのユルみの原因です。
IMG_3657 のコピー

 
 

YouTube Preview Image
右手甲が右を向くのは上で話したオマタの緩みが原因の一つでもあります。

 
 

YouTube Preview Image
良くなってきましたね。もう少し右肘が体側に近づけばもっと良くなります。
一度真横から全身を写して見てください。自分の姿勢を確認するのが大事です。
全体を見るのです。

 
 

YouTube Preview Image
すこしZ腕になっています。 せんねん灸がもう少し右に、肘が申込し体側に近づくと良いです。

YouTube Preview Image
上に同じです。

 
 

YouTube Preview Image
上に同じです。 見事に同じですねぇ。

 
 

3 4-3 3-2 4 4-2 3-3


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です