中川式玄米の炊き方指導1987 Taさん(89-2)です

image初投稿ですね がんばりましょう。
美味しそうに炊けています。
初回からかなり正しく炊けているので安心して見ていられそうです。
ピンが落ちる音がわからないとのことですが、これは水実験であなたの環境で炊飯と同じように設定して「聞く練習」ができるはずです。 やってみましょう。
もう一つの質問についてはブラックボックスに関係することなので別途メールにてお答えします。
この飯は鍋底の焦げのあたりをよそって(すくって)盛りつけておられますね。
一番圧と熱がかかっている部分なので、ふうわり感がはかれません。
鍋の中で一番白くふうわりしっとりしている部分をもっと多くよそってください。そしてそのどこかに鍋底の焦げの中心部(一番色の濃い部分)を少し箸でつまんで載せておいてください。 これであなたの炊飯のベストな部分とそれが炊けた時の焦げの具合が一目瞭然となるのです。 画像1発で伝えるのですから「一目瞭然」はすごく大事です。
心がけましょう。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です