桂剥き投稿2015 Itさん(86-2)です

YouTube Preview Image
右手で上下差せる包丁が上下以外に暴れすぎです。 だから面圧が一定しないで力んで左に行こうとするから厚さがばらばらになるのです。

 
 

YouTube Preview Image
厚いのに横線が見事に入っていますね。これはかなりの力で左手で握り親指で押し込んでいるかですね。 右手で大根に刃を食い込ませて抵抗ができてしまったところに親指で力を込めて押し込んでいっています。もっと両手の力を抜いて。
「大根は柔らかい野菜の代表」ということを思い出しましょう。

YouTube Preview Image
ずっと右脇を締めて左からの攻撃に耐えるディフェンス陣になっています。
もっと柔らかいものを柔らかく薄く寒天のように。 力は要りません。

YouTube Preview Image
もう少し力を抜いて、刃を前にスライドさせながら落としましょう。 刃に仕事をさせるのです。 刃を力で使ってはいけません。
桂剥き1 290615桂剥き2 290615桂剥き3 290615 刻み 断面1 290615刻み2 断面 290615
刻み1 290615

刻み2 290615


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. りえ のコメント:
    見ていただいてありがとう。桂剥きも刻みも脱力して練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です