桂剥き投稿2015 Taさん(37-5)です

YouTube Preview Image
上手になりました。 このペンが触れるか触れないかの力加減が包丁でも出せないと残酷な音が出るのです。

 
 

YouTube Preview Image
力を入れて押さえすぎです。 まったく赤ペンの練習が砥石の上に反映されていません。2種類の動きを練習しています。時間のむだです。

YouTube Preview Image
あなたはちょうど1センチ包丁(定規)をあげています。 それでは足りませんね2センチ以上上げ下げしましょう。送る時間が足りなさすぎるのです。

YouTube Preview Image
やはり実際の大根の時でも包丁の上げ幅が小さすぎます。 だからせっかく左手が送ろうとしているのに刃が仕事をしないのです。 二枚刃にも丸刃にもなっていないのですからこの包丁は切れるはずです。 でも切れないのは上下させていないからです。
たとえ斬鉄剣であろうとも引かなければ切れないのです。

YouTube Preview Image
角度は良いですが包丁を握りすぎです。懸垂している時の鉄棒を握るような手の力ですね。 脱力できない人が多いです。 あなたを含めて。捕まえた小鳥が死なないように逃げないように これが力加減です。 あなたのは小鳥が圧死してますね。

桂剥き①桂剥き②桂剥き③刻み①刻み②刻み③断面①断面②断面③
包丁② 包丁①かなり良くなりましたね。 これで力みがなければねぇ。もっと鋼が光って剥きやすくなるのです。
包丁③

包丁④


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ひかる のコメント:
    中川さん
    おはようございます。

    優しい良い力加減を目指します。
    包丁の上下の動き大きくします。

    ご指導いただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です