桂剥き投稿2015 Taさん(37-5)です

YouTube Preview Image
できていますね。 速さと勢いでやってしまっているところがあるので半分の速さで練習してください。 それでこの動きをやって筋肉や関節に覚えこませるのです。 超スローでもペンが暴れないようになるまでやりましょう。


YouTube Preview Image
押さえすぎています。残酷な音が痛々しいです。 正しく面があてがわれて居るのではなく押さえすぎて居るのでどんどん刃が寝て砥げていってますね。 もっと静かに。
赤ペンからの力み抜きをしましょう。


YouTube Preview Image
左手首が使えていません。 あなたに共通の改善点です。全てにおいて力んで硬いのです。 左手親指で紙を押しこむのではなく、左手親指は紙を引くのです。


YouTube Preview Image
右手で進めようとして右手で包丁を大根のRに沿って動かしています。が、右手もそんなに器用ではないので剥いた大根シートは凸凹に波打ちます。
右手は面圧を当てたままその場で上下させるだけです。もし左手を使わなければ何時間でもその場で大根をこすっているだけでないといけないのです。


YouTube Preview Image
よく切れていますが、強く包丁を握りすぎです。 もっと力を抜いて刃を落としましょう。


桂剥き①桂剥き②桂剥き③刻み①刻み②刻み③断面①断面②断面③包丁① 包丁② 包丁③ 包丁④


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ひかる のコメント:
    中川さん
    おはようございます。
    お忙しい中ご指導いただき、ありがとうございます。

    「力を抜く」大きな課題の克服目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です