桂剥き投稿2015 Saさん(83-1)です

YouTube Preview Image
右手の送りが小さいですね。小刻みに指先でこちょこちょ送っているだけで手のひらや手首が固まって動いていません。 もっと力を抜いて柔らかく使いましょう。

YouTube Preview Image
包丁がキリモミしています。 わからないかもしれないので絵に描きました。グレイのグラデーションのラインがあなたの包丁の慌ただしさです。 こんな動きをしていたら面圧なんて程遠いですね。 ピタッと大根の中心線(ASAちゃんの竹串をイメージしてね)に包丁をあてがったら角度は不動です。 そのままで上下するだけなのです。
MySketch
YouTube Preview Image
そろそろ包丁を砥ぎましょう。 もう切れませんね。正しく包丁を砥いでまな板チェックも合格する切れ味で剥きましょう。刻みましょう。

20150620_桂剥き㈰ (640x360)刃がパタパタキリモミすると大根の厚みにムラが出ます。最初から最後まで一定に。
20150620_刻み横㈰ (640x360) 20150620_刻み上㈰ (640x360)


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かよ のコメント:
    中川さん

    今日も見ていただいてありがとうございます。

    キリモミ、図解して頂いて良く分かりました。一定になるように練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です