桂剥き投稿2015 Kiさん(85-2)です

YouTube Preview Image
力んでいますが、動きは正しいです。合谷の筋肉も使えています。定規が缶にすれる摩擦の音も聞こえますね。 これをこのまま大根でやれば間違いは無いのですが。
YouTube Preview Image
右手で左に剥きにいっています。水屋の戸を右から左に右手で開ける動きですね。そうではなく百貨店の重いガラスドアを押して開けるときの右手を想像してください。それが面圧の方向です。あなたの右手甲は真右を向いていますね?正解は右上の天井に向くのです。ガラスドアを押すとき右手甲は右を指していないでしょう?

YouTube Preview Image
右手で左に行こうとしています。そしてポンと刃が飛んで左親指を怪我するのを恐れてそれを防ごうと右脇を締めて力みます。それが一番の改善点です。脇を締めなくても左に刃が飛ばない剥き方をしましょう。 面圧を当てないと厚みがいつまでたっても一定にはなりません。

YouTube Preview Image
大根の重ね方が間違っていますね。船に置かずに山に置いてください。
向いた厚みと同じ幅に刻みます。 あなたは幅が大きくて断面正方形にはなっていないですね。それは有次が見られていないからです。

YouTube Preview Image
刃先のほうから斜めに着地して前にスライドさせて切りましょう。 パカンパカンとギロチン切りをしてはいけません。 刻みの手本動画をよく見ましょう。

6.17㈪ (3)6.17㈰ (2) 6.17㈪ (2) 6.17㈪ (3) 6.17㈰ (3) 6.17㈰ 6.17㈪


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です