中川式玄米の炊き方指導1962 Taさん(88-8)です

玄米投稿88-8(6月15日)火加減はこれ以上強めてはいけません。 皮感がなく狐焦げの範囲でとどまっているこの焦げ色が良いのです。
今までより柔らかく感じたのは今までは火加減が強くて湯気では無く蒸気が噴出して必要な水分が失われていたためです。
このまま蒸らし過多を無くしてピピカシャンに近づけて行きましょう。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. emi のコメント:
    いつもありがとうございます。
    今日はボケボケで蒸らし中に他のことに気を取られてしまってました、、。もっと集中して、ピピカシャンになるよう次回気を引きしめていきます!
    引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です