桂剥き投稿2015 Saさん(83-1)です

YouTube Preview Image
すこし定規が動く長さが出てきましたね。 右手と左手のハーモニーがまったくとれていません。 定規があがっている間だけ左手で紙を送れるのです。

YouTube Preview Image
右手の指が縦になっていくと送れなくなって左手で力で右に剥きすすみます。 そして刃が飛んでまた怪我します。 何度血を流せば気づくのでしょう。
大きな怪我をする前に右に行く癖を消しましょう。

YouTube Preview Image
リズミカルにとんとんとんと刻みましょう。 ざくざくざくと刻んでいるから怪我をしませんが、リズミカルに速く刻むと右手を削ります。それはあなたが「むそう塾」を見ていないからです。

YouTube Preview Image
面圧を当てる位置を理解できていません。 イラスト集を見ていますか? あなたは刃先を大根のうちへ向けて押し込んで行きます。だからどんどん刃が食い込んで行くのです。
そうれはなく、包丁を砥ぐときに指を添えるラインの内側を大根の中心線に押し当てるのです。

YouTube Preview Image
先ほどの刻みよりはマシですね。 これは怪我の心配をしなくても良いのです。薄く剥けるようになってきたらもっと細かく速く刻むようにしましょう。

YouTube Preview Image
やっぱり面圧を理解できていないですね。 もう一度しっかりAir桂剥きをして缶に定規を押し当てる練習をしましょう。

YouTube Preview Image
薪割りみたいな音がするのは刃を大根に食い込ませて行くのが止まらないからです。面圧を理解しましょう。 でないと先には進めません。
YouTube Preview Image
上げながら送るのです。 あなたのは上げてから送っています。 両手のハーモニーをよく考えて。
YouTube Preview Image
刃が天井を向いていますよね。決してそんな桂剥きは無いのです。 刃は水平に。常に水平にあってその場で上下するのです。左下から右上に刃は向きません。
YouTube Preview Image
真下に刃を押し付けるのではなく、少しでも良いので前に下ろすようにしないとギロチン切りになって派手なポカン・ポカンと音がします。 シャクシャクシャクと軽い刃が仕事をしている音を追求してください。

DSC_1274DSC_1278DSC_1277
DSC_1284DSC_1286DSC_1288ピントが合っていません。 これを平気で送ってくると言う事はスマホで撮ってそのままメールに載せて送っているでしょう? PCの大きな液晶で自分が刻んだ大根の断面を見返して勉強していない証拠です。 練習と投稿の姿勢を見直そう。
おれは暇じゃ無い。

DSC_1291DSC_1295DSC_1296 DSC_1305DSC_1307DSC_1308 あなたが送ってくる画像は1枚1.6MBもあって3840-2160という巨大なピンぼけ画像です。
この大きな画像を大量に受け取ると私のサーバにも負荷がかかりますし公共のトラフィックに負担がかかります。 ITリテラシーが高い職業につかれている人の添付とは思えません。玄米投稿時にも添付画像は1000ピクセル程度の大きさで、と伝えてあります。
桂剥きは大きさ無制限では無いのです。 ブログには1000位上の画像は載せられないのでリサイズしてから添付してください。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. かよ のコメント:
    中川さん、沢山の写真を見ていただいてありがとうございます。

    自分の練習が正しくできていないせいですが、なかなか上達しないことに焦ってしまい、投稿のマナーがなっていませんでした。

    まずは練習する姿勢を見直すところから始めます。

    これからも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です