桂剥き投稿2015 Isさん(84-3)です

YouTube Preview Image
かなり格好になってきましたね。 上げる送るが理解できてきたかな?
できていないかな? 表面だけ真似てるだけかな? という段階ですね。
あなたの動作はまず紙を送ることから始まっています。
これは紙だからできますが大根では不可能です。わかりますね。
まず上げるなのです。 上げないと刃は切れないのです。
まず上げる。 上げている時間中は左手でいくら送っても大丈夫です。

左手の親指を怪我したのは私のいうことを聞かないで右手で左に剥き進もうとしたからです。 刃の行き先にあなたの左親指はありますから必然的に切ります。 それだけです。
IMG_1161
斜めに傷が入るということは大根の持ち方が間違っているということです。
正しい(正しいのか?)切り方は親指に直角に切ります。

IMG_1148
IMG_1149
IMG_1150
IMG_1151
IMG_1153
IMG_1152裏表とも二枚刃は直ってきたようですね。 直そうとして力を込めでジャッジャッ!とこすっていますから刃先が細かくボロボロです。
これからは力を込めずに泥がいっぱい出るように砥いでください。
私のデモを映像でも聴覚でも覚えていますね。 「耳で砥ぐ」のです。


カテゴリー: 桂剥き道 パーマリンク

コメント

  1. ミホ のコメント:
    ご指導ありがとうございます。しょっぱなに怪我してしまい少し凹みましたが、気づく事もあったので今で良かったと思います。
    包丁もしっかりと砥いで、ブルペンエースにならないように練習します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です