中川式玄米の炊き方指導1927 Taさん(88-6)です

imageなかなか美味しそうに炊けています。 今回は塩の効果も正しく出ています。
すこし火力が足りずに陰性に炊きあがっているのでもう少し陽を増加しましょう。
陽というのは火力と時間と塩でしたね。
なぜか炊飯時間を24分とされていますが、まずはデモと同じ26分で炊きましょう。
その増えた2分分の陽と火力を強めた陽で、ドンピシャに炊ければピピカシャンになるでしょう。
当日購入したカバー、は、「ふうわりさん」という名称があります。 覚えておいてくださいね。 愛用してください。 必ず応えてくれます。
48点

 


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. Mika(88-6) のコメント:
    ご指導ありがとうございます。24分は記憶が曖昧でした。次回は26分で火力を念頭に炊いてみます。
  2. Mika(88-6) のコメント:
    「ふうわりさん」大事に愛用いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です