中川式玄米の炊き方指導1926 Ebさん(88-3)です

20150515_玄米投稿_1上手に炊けています。 こげ色も良くなって来ましたね。
甘みも旨味ももっちり感も出てきてピピカシャンもほぼ実現しています。
召し上がっての不満はまだ皮感が残るということですね。
火加減が弱いと陰性な炊きあがりになって皮が柔らかくならないのですが、しっかり火力は加えられていますので違う原因ですね。
山側でとれた陽性の強い玄米なのでしょう。
次回炊飯へのアドバイスはBBに関することなので別途メールでお知らせします。
しばらくお待ち下さい。
49点


カテゴリー: 中川式玄米の炊き方指導 パーマリンク

コメント

  1. のコメント:
    今日もご指導ありがとうございました。
    やっと一歩前に進めたように思います。
    投稿時には、自信がなく書けなかったのですが、
    今までにはなかった、もっちりした感じとともに、
    口の中で唾液と混ざり合ううちに気持ちのよい甘みが感じられました。
    中川さんと美風さんがおっしゃられていた、
    玄米の甘みは、これなのかなあと思いました。
    次回も、気持ちを落ち着けて集中して炊飯したいと思います。
    よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です