ちらし寿司の復習  Waさん(49-3)です

ちらし寿司 Wa(49-3)美味しそうに再現出来ましたね。
一番直して欲しいところは酢蓮根が「多い」ということです。
ご飯少なめなのに蓮根だけが分厚くて「多い」のです。
だから食べた感じが「酸っぱかった」のでしょう。
鰻の一直線が青線ですね。錦糸を糸に。 こんなかんじです。
砥部焼のダイナミックな絵柄に寿司が負けています。
もっと力強く盛りましょう。
もしくはもっと優しい皿に盛るかですね。


カテゴリー: 今日の復習 パーマリンク

コメント

  1. 彩乃 のコメント:
    中川さん

    早速のご指導ありがとうございます。
    蓮根の厚さ、鰻の青線、錦糸の精度、改善します。

    今回は、蓮根の漬かり具合が浅く、酸味は実習のときより弱く感じたのですが、
    漬かりが浅いのも分厚いせいでした…。
    見た目のバランスとしても蓮根が目立ちすぎて良くないので、修正します。

    お皿は持っているものの中ではこれが一番合うと思うので、
    次回はもっと力強く盛れるように意識します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です